妊娠占いタロット 『月』の意味  潜在意識の不安と先祖供養の大切さ

先祖供養が大事な子宝運

タロット占いで妊娠運をみるときの意味解釈です。

  • 妊娠占いにおける意味
  • 可能性
  • 時期
  • 性別
  • 妊活アドバイス

これらを月のカードから占っていきましょう。


子宝占いで評判の先生はこちら
手軽に本格鑑定が依頼できるメール占いがあります。

月の意味は不安

月の意味のポイントは「不安」。自覚できる不安だけでなく、潜在意識にある自分でも気づいていない不安を表すカードです。

重要なのは隠れている不安です。
正位置で月が出た場合、妊娠することへの潜在的な恐れが妊活の成功を妨げている可能性が暗示されていると考えられます。

頭で考えていることと心で感じていることのギャップ。その隙間を照らし出すのが月のタロット出現の意味です。
願望は表面と裏面、両方の思いが一致したときに成就します。

妊娠の可能性

月の意味から可能性を解釈していきましょう。

正位置

運気は下降気味。
その原因を月から解釈すると潜在的な恐れがみえてきます。
妊娠を望みながらも心のどこかで不安がある。無自覚の不安が子宝運を遠ざけている状態です。

しかし、ママになるのに不安にならない人はいません。
不安そのものが問題なのではなく、不安な自分を受け入れられないことが問題になります。
そのままで大丈夫。焦りや不安を受けとめることで赤ちゃんを引き寄せるオーラを生み出せます。

逆位置

運気は上昇中ですが、まだ低いところから立ち直りかけている辺りです。
妊活の焦りや不安、失意や諦めなどを乗り越えてきたあなた。一周回っておおらかな気持ちになってきたのではないでしょうか。そんな気分のときには運気が上がります。

授かりやすい時期

月から読みとける時期ですが、大きな流れとしては秋ごろが暗示されています。
月は身心の調子の乱れを警告するカードでもありますので、秋~冬にかけてしっかりと心と体のケアをする必要があるということでしょう。

男の子?女の子?

月は女性の象徴ですので、女の子の可能性が暗示されています。

どうしたら赤ちゃんできる?

潜在的な不安の解消

潜在的な不安の解消が子宝運を開くポイントになります。

潜在的な不安の原因となるのが周囲の影響です。

・親に孫を急かされる
・ママになった友達に焦らされる
・芸能人の妊娠をニュースやブログなどでみて嫉妬させられる

というように、周囲の影響で焦りや嫉妬を感じさせられてしまう。
嫉妬が起きると執着が生まれます。
執着は、その執着している願望が叶わなかったらどうしようという不安を生みます。

つまり、嫉妬したり焦ったりする周囲の影響を減らす。それが潜在的な不安の解消につながります。

先祖供養

タロットの月は過去からの影響を暗示するカードでもあります。
子孫繁栄に関係する過去となると、考えられるのはご先祖さまの影響です。
月のカードが出たときは正位置、逆位置に関わらずお墓参りに行くことを考えてみてはいかがでしょうか。


子宝占いで評判の先生はこちら
手軽に本格鑑定が依頼できるメール占いがあります。