タロット『隠者』から分かる妊娠運低下の原因

タロット隠者妊娠

タロット占いで子宝運をみる際の隠者の解釈です。
妊活法について示唆を与えてくれるカードです。
深い内省を意味する隠者。あなたのこれまでの妊活を振り返りながら読みといていきましょう。


妊活における隠者 正位置の解釈

自分に合う妊活法がみえてくる

タロットの隠者からみえてくるのは頭がよく勉強熱心な人。努力家です。
どんなことも「なんとなく」で済ませず、よく調べて理解するタイプでしょう。
さまざまな妊活法を研究してきた人。それが妊娠占いにおける隠者です。
隠者は色々な方法を試した結果、「これだ」と思えるやり方が見えてきている状態を表しています。自分に合う妊活法がみえてきます。

情報に振り回されなくなる

隠者は暗闇のなかでランプを掲げています。
あたりを包む闇は無駄な情報、ランプの灯りは信じる価値のある数少ない情報です。
このカードが出るときは「一周まわって確信する」という意味です。妊娠について調べ尽くしたのち、何が本当に大切かを悟る瞬間を表しています。
ネットの妊活情報にまどわされたり、子育てブログに嫉妬をかきたてられたりする段階はすでに過ぎ去りました。自分にとって大切なことだけを信じて進んでいける時期に来ています。

離れると赤ちゃんにつながる道がみえる

孤独を象徴するタロットの隠者。彼は知恵の探求のために大衆から離れています。
現代社会に生きる私たちも孤独になることで知恵を得ることができます。他人の言葉やネットの情報といったノイズから離れると潜在意識に沈んでいた重要な気づきが意識上に浮かんでくるのです。
孤独になるといっても人里離れて暮らす必要はありません。独りの時間をつくるだけでいいのです。
少しでも独りで過ごす時間をつくりましょう。もちろんスマホはオフです。その静けさのなかで赤ちゃんにつながる道がみえてくるでしょう。

隠者 逆位置の解釈 妊娠運を下げる要因

隠者の逆位置から妊娠運を下げる要因をさぐってみましょう。

夜更かし 夜型生活

夜更かしは自律神経の乱れの原因に。自律神経が乱れると妊娠力が下がります。
逆位置の隠者が映し出すのは夜型生活の人の姿です。

ネット・SNSの悪影響

妊活中のスマホは毒です。
ネットの情報は知識よりも不安を増やします。SNSはどんなコミュニティーであれ最終的には嫉妬や焦りの感情をかきたてられることになります。
精神的にネガティブになれば妊娠力は下がります。

ブログやSNSといった情報だけでなく、スマホ自体も毒になります。
画面から出るブルーライトは自律神経を乱します。交感神経を刺激して血流をわるくしたり、不眠の原因になります。
電磁波の影響もあなどれません。ヨーロッパではWi-Fiなどの電波を規制する動きもあります。
参考:ヨーロッパでWi-Fiを規制する動きが加速、背景に否定できなくなったマイクロ波による発癌などのリスク、日本では報道もタブー

計画にとらわれる

隠者に表れるのはきちんと計画を立てて物事を進める几帳面な性格。
逆位置の場合、みずから立てた計画にとらわれて柔軟性を失っている可能性が示唆されています。

隠者を引き寄せる人は知的で計画性がある人が多いです。それだけに、「ちゃんと計画して妊活してるのになんで結果が出ないの?」という苛立ち、焦りが募りやすいのでしょう。

授かるという神秘的な現象には計画しきれないものがあります。
計画できる部分は計画的に、計算できない部分は天にまかせる。その見極めがあなたの心を楽にし、妊娠運を上げてくれるでしょう。